(公社)京都市保育園連盟 
京都市民間保育園等職員の給与等運用事業に関する意見募集について

pxt00002694546702.jpg 630615be7a5e8e825e434d9da0402854_l_20180209115736728.jpg 3ae17228c85ddf5e98c09707f27d4d71_l_20180209102649586.jpg

*意見募集期間 平成31年1月28日~平成31年2月28日

この意見募集は、公益社団法人京都市保育園連盟が実施している京都市民間保育園等職員の給与等運用事業(プール制)における自由裁量・創意工夫枠(以下、「ポイント」)の運用に関し、保護者、保育関係者、市民の皆様にご意見を募集するものです。  プール制は「京都の保育水準を守り向上させること」「その支えである職員処遇を、公私格差是正を目指して改善すること」を実現するため、1972年にスタートした制度です。その後、保育を取り巻く状況の変化に対応するため、2010年に大幅な見直しを行い、各園での創意工夫を喚起し支える仕組み、基本的保育サービスを担保するための仕組みを取り入れました。これにより各園において、保育ニーズに応えるための取組に職員処遇の面から応えることが出来るようになりました。この仕組みがポイント制です。基本的保育サービスを担保するため、園の定員、職員数等で決定する基本ポイントと、今求められている多くの保育ニーズ毎にポイントを設定し、各園の自主的な取り組みを促す加算ポイントの2つがあります。
 この意見募集では加算ポイントについて皆様にご意見を伺います。
 
 別紙は平成30年度の加算ポイントです。加算ポイントは大きくは「待機児童対策」「積極的な保護者・地域支援」「世代間交流」「給食・食育支援」「多様な保育サービス」「担い手確保」「専門性の向上・情報公開」からなっています。別紙を見ていただきますと、保育サービスの項目ごとにポイント数が示され、そのポイントの考え方、判定基準、判定方法が記載されています。園が項目に該当する取組を行いますと、それに対応するポイントを取得し、取得したポイント数の合計で園に交付する額が定まるという仕組みになっています。
 
 このように加算ポイントは現在の保育ニーズをしっかり反映したものにすることが大切になります。この意見募集では「待機児童対策」「積極的な保護者・地域支援」「世代間交流」「給食・食育支援」「多様な保育サービス」「担い手確保」「専門性の向上・情報公開」ごとに、さらに望ましい取組やより充実させたい取組がありましたら記入をお願いします。記入の仕方は自由です。出来れば、その理由もご記入頂きますようお願いいたします。

プール制における自由裁量・創意工夫枠のポイント項目及び配点 平成30年度